« 天高く聳えるは | トップページ | 9歳 »

いざ尋常に

P1080582

ゴールデンウィーク最後の日は、空手の大会。
千葉ポートアリーナで行われました。

昨年12月から始めて半年弱。ジュンはまだ白帯なので参加対象外、姫が青帯(10級)で参戦。

「発表会」なら、ピアノやバレエなどで経験もあるけど、大会・試合というイベントに立ち向かうのは初めてで、少しビビり気味。運動会もそうだけど、どうもウチの子は「勝てないかも」と戦う前から弱音が出てしまう。それは、技術的に下手よりも上手のほうがいいし、負けるより勝つほうがいいけど、気持ちの面で負けないってことのほうが何より大事。

気合いを注入し、あとは観客席から応援と祈りを込めて、気持ちで負けないように後押し。


P1080598

出場したのは、型の個人戦と団体戦。
相手とともに型を行い、審判3人により判定される形。

見ているほうとしては、個人戦は五分五分、あるいはこっち有利に見えたけど、初戦敗退。団体戦は、初戦の相手になったチームの中に個人戦で上位に入っていた子がいて、ちょっと敵わなかった。悔しいかな、個人、団体、ともに初戦敗退。

姫も悔しがってたけど、もっと悔しさを強く感じたほうがいい。中にはやっぱり泣いてる子も多かったし。悔しく思う気持ちは、勝ちたいという気持ちの大きさそのもの。だから、強くなる。なかば「どうせ勝てないよ」という気持ちがあって、負けても「やっぱりな」という気持ちで終わってしまう。自信がないのは、負けたときに凹みすぎない防衛本能なのかもしれないが、その姿勢は鍛えなおさないといけないと思ってる。

今回、姫が負けて誰よりも悔しかったのは父である自分。負けない気持ちで戦うから、負けたときに悔しいけど、そういう気持ちがなければ勝てない。もっともっと、悔しい思いをしたらいい。

(2013年5月)

« 天高く聳えるは | トップページ | 9歳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5234/58235404

この記事へのトラックバック一覧です: いざ尋常に:

« 天高く聳えるは | トップページ | 9歳 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ