« Best of Bakery | トップページ | Hunter J »

Hunting for Insects

P1070344

今年の夏は虫獲りに奔走した夏。

かたつむりはまだまだ元気。ナスやリンゴをすごい勢いで食べていて、結構がっつり系。大きいのが獲れたので子どもたちも大事に育ててる。卵を産まないかな、とひそかに楽しみにしているけど、もっとちゃんと環境作ってあげないとだろうか。


P1070337

今年の夏に玄関先に置くために買った水瓶、そこに浮かせるガラスの浮玉、そして水草。それらを置いたら、水瓶の中に小さなメダカが5匹。どうやら水草の中に紛れていたのかな?と思われ。最初は本当に小さかったので虫か何かと思ったら、メダカだった。数か月でかなり大きくなりました。と同時に、タニシもついてた。こちらもそのままにしていたら、あまりに大量発生してしまい、一度すべて駆除してしまった。

でも生命力がすごくてね。ちょっとどこかに残っていた1匹2匹から、いま再び増えてきてます。とりあえず今はまったくいなくなると、藻が発生して困るので、タニシにきれいにしてもらってます。いないと困るけど、すぐに増えちゃうから、増えすぎない管理の仕方がないかな。生態系のバランスって難しい。


P1070353

そしてカマキリくん。

いままで捕まえたことなかったけど、今年は2匹も捕獲。
ジュンがとにかく喜んでたまりません。

Dsc_1070


カマキリは野菜とか食べるのかわからないけど、エサを頑張って与え続けてました。セミ、蝶、バッタ、トンボ。いつもなら捕まえて飼うはずの昆虫くんたちを惜しげもなく(・・てことはないけど)、とにかく捕まえてはカマキリ君に献上。本当に虫を食べているのを見せるのも、食物連鎖を教えるには良いとも思うし、食べられてしまう虫くんたちには、いつもみんなで「ごめんねバッタくん」とか言いながら、命をありがとう!という感謝を込めてエサをあげてました。


そんな食欲旺盛なカマキリくん、かなり長生きをしてくれたのだけど、寒くなってきてご臨終。でも、別のところで卵をゲットしたので、それが春に孵化するのを今楽しみにしてます。きっと大量発生して大変なので、いざ孵化したときに慌てないようにしないとね。

Dsc_1097

脱皮もしてくれたカマキリくん。
形そのままに皮が残っててびっくり。

で、カブトムシ。

これは捕まえたのではなく、実家に帰省したときに近所のおじちゃんから大量のカブトムシを貰い、それを育てた結果がこれ。本当は捕まえてみたいけどね、なかなか機会がなく巡り会ってません。子どものときはよく捕まえたけどなぁ。

成虫が10匹近くいたような気がするけど、ほどなくご臨終。いつもならそれで終わりのところ、飼育ケースの底を見たら白い粒々がすごい数。最初、湿気でカビでも付いているのかと思ったけど、もしかして?とよくよく土の中から出してみたら、卵が数十。これはやるしかない!ともう一度飼育のための土を買いなおして、卵の飼育開始。

来年の夏が楽しみです。


余談でもう1つ。妻の実家で植木の土を掘り返したらカブトムシの幼虫のようなイモムシが多数。おぉ!と興奮して少しの間飼ってみようともしたのだけど、調べるとコガネムシの幼虫らしい。ということで、大量で申し訳ないのだけどカマキリくんのエサにしていきました。

・・が、さらにその後、シロアリ説が出てきたため、即刻駆除。
シロアリではないと思うけど、さすがに寒気したのでゴメンナサイ。

« Best of Bakery | トップページ | Hunter J »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5234/56186730

この記事へのトラックバック一覧です: Hunting for Insects:

« Best of Bakery | トップページ | Hunter J »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ