« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

月の見える日は

P1070341

今年も月見の日はお団子づくり。
ジュンが早くに寝てしまったので、今年は姫と語り合う。

助手のはりねずみ

P1070340

姫の料理助手はりねずみクン

キャンプ:丸沼高原

028

待望の初キャンプ。
選んだ場所は丸沼高原キャンプ場。

冬場はスキー場、夏はキャンプ場というここはゲレンデの中腹などにフリーサイトがあるので、景色が開けていて気持ちがいい。標高1,500mのところにあり、ロープウェーを使えば2,000mのところまで上がれる。今回は残念ながら上には行けなかったのだけど、相当景色もよく気持ちよさそう。

フリーサイは草地なので触もよく、テントを広げるのもそれほど場所を選ばない。あえていうと、シカの糞が多くてそれを避ける必要があったり、ゲレンデなのであまり変なところを選ぶと斜めになってしまうので、それだけはちゃんと選んどく必要あり。そう、シカがすぐ近くに出るらしいけど、今回は遭遇しなかった。
スキー場なので、何がいいかってトイレなどがきれいにそろっているところ。それとふもとの施設には温泉があって、すぐに入りに行けること。トイレがきれいかどうかは別に自分はどうでもいいのだけど、何より妻が一番気にするところだったりするので、そこは我が家的に大事。

初めてなのでとにかく経験。失敗は成功のもと。やってみると、うまくいかないことも多かったけど、やってみてヨカッタ。まだまだステップアップできる余地があるというのは、それだけまだ楽しみが残っているというわけで、わくわくする。特に、セットアップにも撤収にも予想以上に時間がかかった。これはもっともっと短縮できる改善ポイント。


011

サイト張って、食事用意して、とやってると写真を撮る暇がない。結局1日目の写真は撮れなかったのだけど、夕焼けもきれいだったし、宝石箱をひっくりかえしたような天の川の壮麗さは写真に収めたかった。でも、写真を撮らなかった分も記憶が鮮明になった気がする。流れ星もすごかった。あれは忘れない。


006

9月の連休まだまだ暑い日が続くときだったのだけど、ここはさすがに日が落ちると急激に寒くなる。予想以上だったので、もっと防寒が必要だった。朝起きると空気がピリっとしてる。もやった中、テントからもそもそみんな出てきて、キャンプ場全体が朝食モードになるのがなんか面白い。

来る途中に寄った道の駅で買ったウインナーとベーコンをパンに挟んでいただく。
子どもウケも良かったしね、外で食べるとなんでも2割増しくらいで美味しくなる気がする。


013

ローズも初キャンプ。
思ったより落ち着いていられた気がする。おりこうさんでした。


053

帰りは吹割れの滝へ。ぐるっと散策。


061

ナイアガラっぷりはなかなか。
間近で大きな音を立てて流れる様は荘厳でした。

どうでもいいんだけど、ずっと観光客向けにアナウンスがリピートで流れていて、明るい女性の声で「毎年転落事故が起きています。お気を付けください。」ってさわやかに。逆にそれがすごく怖いっす。

塗ります塗ります

005

やっと最近、ペンの持ち方が改善されつつありますが、
ものごころついたときからずっとこの持ち方。

さすがにそろそろ卒業だね。がんばろう。

先生が教えます

002

ひらがなや数字をよく教えてくれてます。
先生に向いてると思うんだけど、本人は先生にはなりたくないらしい。

生徒ももくもくと教えられるがままに書いてます。
がんばれ生徒!

夏の終わり

045_2

夏の終わり恒例、幼稚園の夏祭り。

勝手知ったる祭りなので、混雑する会場をするすると今回はうまく切り抜けました。ほんと小さい会場に人がいっぱい。もうそれだけで夏っぽいよ。

今年のお面はレッドバスター。なりきってます。


025_3

姫も、幼稚園からの友だちとも再会できるし、楽しかった様子。


夜空の華

004

多摩川の花火大会。

以前にも行ったことがあり、今年も友だち夫婦にお世話になりました。
いつもありがとう。とてもいいポジションで楽しい時間を満喫できました。


018

姫も。

022

ジュンも。
大迫力の花火に見とれてました。

お菓子(下)に気を取られていることも多かったけども。。


031_2


042

夏はやっぱ花火!

DIVA

015

今年は結婚10年、付き合ってからも15年ということで記念の年です。
ということで、記念日にのんびり遊びに出かけてみた。 

近いのに最近まったく行ってないお台場へ。
お台場というか、まずはそのとなり有明にある「水の科学館」へ。

本当は、日本科学未来館に行きたかったのだけど、電話して聞いたら整理券発行のプログラムがもう満席という話だったので、行けるところに行った感じ。


025_2

いや、それがなかなか楽しかったよ。
「ガスの科学館」が大好きなこの2人には、ジャストフィット。

内容的にはもうちょっと大きくならないと本当の理解はできないコンテンツだけど、「遊ぶ」という意味ではかなり喜んでた。この写真は自分たちが画面に映し出されて、2択クイズの回答のほうに移動して答える、っていうもの。全問正解できてポーズ決めて写真撮ってるところ。


029

これは、ペットボトルを2つ繋げてその中の水を少し振りながら砂時計のようにひっくり返すと中に渦ができるというもの。回す必要なくて、ちょっと振るだけ。この渦、北半球と南半球で違うとかいう話を聞いたけど(地球は自転してるから・・という話)、化学的にはそれはこういうミクロな話ではなく、気圧の構成や台風の渦の巻き方とか、そういう地球規模で働く力の話らしい。なるほどね、1つ勉強になりました。


031

これは実験コーナー。
この空間を真空にすることでビーカーに入っている水を凍らせる、というもの。


045

ちょっと写真がくらいけど、めっちゃ楽しんでた。
下からもぐって、水の上に顔を出す遊び。
↓こんな感じ。


049

ちょー喜んでた。


054

久々のお台場。
歩くと、いろいろと変わっていることに気付く。
変わっているというより、無かったものが増えている、というのが正しいか。


061

類に違わず、行ってみた。ガンダムと対峙。
18m?頭でわかっても実物は体感するに限る。
頭の中にある大きさと体感した大きさのその鮮烈さたるや結構ギャップがある。


072

森永のショップで作ってもらったハイチュウの薔薇。


085

最近は家族だけで夜に外で食べることはほとんどないけど、今日は特別。
ベトナム料理、子どもたち初体験。


081

たまにはまた行こう、お台場。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ