« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

平塚リゾート

011

会社の同僚イケメンくんの平塚別邸にお邪魔しました。
とても心地のいい時間を過ごさせてもらいました。本当にありがとう!

イケメンくんのラブリーな1人娘は、姫の1つ下ということですぐに仲良しに。ジュンもそこに加わって、楽しく遊べた様子。帰ってから時間が経ったあとでも、その子の話をすることもあったりして、ひと夏の友情はとてもいい経験になったようです。


025

お泊りさせてもらったことがなにより楽しかったですが、2日目はみんなで海に行ったのがまた楽しかった。予報では週末は雨、ってことだったので諦めてたけど、予報はハズレていい天気。雨予想だったので装備がちょっと甘かった。自分ちの浮き輪持ってくの忘れたし。

とにかく、この夏のなかで最初で最後の海だったので、ヨカッタです。ジュンも最初海に入れなくて怖がってたけど、抱っこして一緒に入ったり、浮き輪で入ったらすんごい楽しそうだった。姫ももちろん友達と海に戯れまくり。

ビーチではスイカ割も。残念ながら、スイカが頑丈で何度叩いても竹刀では割れなかったけど、思う存分叩くことが出来ました。食べたスイカもおいしかったです。

スイカ割はおそらく子供は今年初めてだったかと思うけど、今年だけで2回できました。もう1度は妻の実家だったので、自分が不在のときだけど、ばっちり割れたらしい。

姫さん、おいしいからスイカ食べてみてね、今度は。


028

写真では雲多いけど、実際は日差しが強く熱い日でした。
雲が出て風があるから助かった、っていうくらい。

また遊びたいね。

トマトなる

003

1年生のときはあさがお、2年生はミニトマト。
夏休みの教材として渡されたミニトマトは結構みんな苦戦。

聞くと、実がならずに枯れていくものが多いらしい。今年は暑かったせいかな、とか思ったけど、後から聞いて知ったことで、トマトは水のあげすぎが良くないらしい。みんな毎日かわいがりすぎて水やりしすぎた結果なのかもしれない。

うちはなんとか少しだけ実がなりました。


011_2

観察日誌。いつも枝葉から書く姫は、最後に実を書くと、葉っぱは立派なのに実がチョコンてことが多いので、「実を大きくね、大きく!」と何度も声掛けして、やっと普通の大きさに。

なにはともあれ、赤い実が書けてヨカッタね。

成長する夏

007

今年の夏休みは子どもたちにとってはギュッと詰まった夏休み。

最初の1週間は補修とプール。2年生なのに補修があるっていうのが違和感あるけど。
次の1週間は姫木平への旅行。
その次の1週間はじいじ・ばあばの家へお泊り。
さらにその先も平塚お泊りしたり、多摩川花火いったりね、イベントいっぱいでした。

その間にもちょこちょこイベント盛りだくさんで、
やることいっぱいで休む暇があまりなかった気がするよ。


002

妻の実家では、お義父さんと一緒に虫取りに行ったときに、セミの幼虫を発見したらしい。自分は東京で一人暮らし中だったので、見れなかったのだけど。

羽化したてのセミも見ることができたそうで、電話口で興奮してパパに教えてくれた。
じいじ、ばあばと一緒にいると、いつもとは違うことを学んで帰ってくる。

015

1週間、妻の実家でお泊りしたのち、パパが迎えに。
その日はヤクルトの工場、キッコーマンの工場見学へ。

キッコーマンは近場なので、いつもよく行ってたのだけど、世の中の工場見学ブームに乗ってか、内容がずいぶんとレベルアップしててビックリ。前は「適当に見てください」とばかりに放っぽらかし状態だったのが、ちゃんとスタッフがついて回って説明したり、シアター形式で学習できたり、キャラクターなんかもでてきちゃったり。さすが世界のキッコーマンです。

写真は、キッコーマンの「御用醤油醸造所」を再現したもの。
つまり宮内庁に納めていた醤油を醸造していたところですね。
これも最近野田工場に移設されたらしい。

053

この夏休みはとにかく時間と広場があれば虫取り網をもって駆け回る。姫は狩猟民族って感じじゃないけどね、なにかこう沸々と血が騒ぐものがあるらしい。ジュンはとにかく狩りまくり。ちっちゃいときから虫大好きだからね。

061

逆上がりが「正式に出来た」、その瞬間。

前も出来てたと思うけど、いつも上手に・・ってわけにはいかなかったらしい。確かにね、なかなか「マスターした」とは言えない感じだった。この日は何度かやったらコツをつかんだようで、何度もくるくると回ってしっかりマスターできました。


地元の盆

008

姫木から帰った週末、町内会の盆踊り。

出店で使えるタダ券がある、ってことでちょっと行ってみる。かなりこじんまりとはしているんだけど、案外商店街のつながりとかあるみたいで、お年寄り中心に結構みんなお知り合いみたいなところがあるらしい。

この日に限っては、行ってから帰るまでの間にまったく自分たちの知り合いに遭遇せず、なんとなくアウェーな感じ。

姫木2012夏⑥ということで

029

最終日はテントの中で目覚めて、子どもたちは起きた瞬間からハイテンションで「じいじ、ばあば、テント楽しかったよー」と帰還報告。キャンプ道具を撤収して、帰り支度をまとめる。基本的に天気のいい日が続き、前半は夕立が多く荒れ模様でジメっとしてはいたけど、そういうこともあるんだと、いろんな姫木を見れてよかったと思う。


003

大したことはしてないけど、毎日が楽しくて、様々なことを体験できた有意義な6日間だった。当初はお義父さんお義母さんがいけないかも、という話もあったので、喜びも一入(ひとしお)。

まだまだ一緒に楽しみましょう。
よろしくお願いします。

姫木2012夏⑤テント

017

おでかけなしの1日。

ジュンは前日ボーネルンドで買ってもらった化石発掘セットで、発掘活動。恐竜・怪獣大好きなジュン。とにかく恐竜を手に入れたいと渇望するゆえ、発掘も超スピード。


038

みんなで水彩画。


042

お題はテーブルに飛んできたカナブン。
こちらは姫画。


007

レゴクリエイターシリーズのトランスポートヘリコプター。早速1日かけて完成。
ジュンはピースを探すのが苦手だけど、渡せばしっかり理解して組み立てられる。
頭が鍛えられていい感じ。


082

姫もクリエイターシリーズのマイホーム。
放っといても作れちゃうあたりはお姉さん。


029

この日は外でBBQ。
炭で焼くのはもちろん、今回は新しく揃えたツールたちを試用。

413Hパワーハウスツーバーナー。LPガス式ではなく、ホワイトガソリン式を選択。燃料入れてポンピングして火を付ける、一通りやってみて理解できた。未知の道具だし火を使うし、ちょっととっつきにくかったけど、まずやってみて安心。火力もしっかりあるし、安定しているので、これからも安心して使えそう。


056

そしてテント。ウェザーマスター(TM)STドーム/270。設営はもっと複雑かと思ったけど、やればシンプル。一通り理解しとけば、次はもっとさくさくセッティングできそう。あとは、地面と接する部分にはマルチグランドシート。インナーはロゴスのエアウェーブ・テントマット。この空気を入れるのが一番設営で苦労したところか。


055

ランタンも試してみた。ノーススターチューブマントルランタン。これも未知な道具なので、慎重に。なによりかなり明るいのでビックリ。最も明るいものを選んだんだけど、こんなに明るいとは思わなかった。点火が簡単というのも初心者にありがたい。ランタンの灯りの不思議な暖かさにも驚き。これはかなり惚れ惚れする。


065

今回の姫木最後の夜ということで、「ひいらぎ」へ。
ハンバーグが肉の旨みたっぷりで美味しかった。


068

この「ひいらぎ」さん。実は、今回初めて存在をしったお店なのだけど、別荘地の入り口ちかくにある昔からあるお店。御主人に聞いたら、別荘地が出来た当初からあるお店だそうで、もう30年にもなるらしい。

知らなかった自分たちが残念だけど、今回知ることができたことは喜び。
これからお世話になります。


074

写真じゃわからないけど、最後の夜は温泉へ。
ジュンはお義父さんの背中をごしごしと。立派だぞ、ジュン!

帰ってテントでばたんきゅー。テントでの就寝、かなり快適で、他のみんなもぐっすりだった様子。何より虫対策が一番気を使うところかと思い、蚊取り線香やらマットやら対策を色々講じたゆえ、テントの中は問題なく快適に。虫さされがまったくなかったという結果は、虫嫌いのママからも好印象をゲットできたでしょう。まずは、成功だ。

ということで、最後の日は緑の中での目覚めとなりました。

姫木2012夏④アクシデント

003

この日、前半はトラブル続き。

まずガソリンが少なかったので、どこで入れるか、ガソリン足りるのかどうなんだと、夫婦で一悶着して右往左往。スタンドがないので、一歩間違うと立ち往生。なんとか出発前に入れることができて一安心して出発。

で、1時間ほどのドライブで、本日最初の目的地である「シャトレーゼ白州工場」へ着くも次の災難。

工場は山の中にあり、案内された駐車場も林の中の狭いとこ。車庫入れで失敗することなんてないので、油断もあったかもしれない。幅が狭いので気持ちは後ろに重点が向いていて、左にハンドルを切ってバックして入れようとしたら、右前方にあった木に車を当ててしまい、ガリガリと。。

前方ボディをサイドからガリガリとこすったので、固定するためのパーツが欠けてしまい、前方ボディが剥がれ落ちたような格好に。やっちまった。。

どうにもならんけど、この後も予定あるのにどうにかせんといかんので、とりあえず手で押し込んで直してみる。が、振動でタイヤ近くのパーツが剥がれ落ちそうなので、そうするとタイヤが巻き込んで事故に・・なんてことも怖く、近くのENEOSへ。15分ほど、下を見てもらってとりあえずロープで括り付けて落ちないように応急措置をしてもらう。応急措置ではあるけど、万全です。ありがとうENEOSさん!

ということで、この日の前半はいけてない連続でした。


001

で、天気のいいこの日は八ヶ岳方面へ。
まずはシャトレーゼ白州工場。工場見学でアイスも食べられて。初めてアイスでお腹がいっぱいになった気がする。でも、写真NGだったので、写真らしい写真は何も残っておらず。

で、そのあとは八ヶ岳アウトレットリゾートへ。
1度来たことあるのだけど、前回よりも今回のほうが満足度高かった。

なぜかというと、アウトドア系のお店が数多く揃っているから。以前は全く興味なかったので、目にも入らなかったけど、今のアウトドア熱は相当で、目に入るものすべてがキラキラ輝いて仕方ない。子どもをお義父さんたちにオマカセしてかなり満喫してしまいました。ありがとうございます。


016

お昼はサンクゼール・マルシェのテラス。
アイスでお腹が膨れてたので、ちょっとしたデリで十分満足。


021

子どもたちはレゴでいっぱい時間潰して過ごし。この日は赤のボックス以来、レゴを2人にそれぞれ買ってあげ、子どもたちも大満足。帰ったらソッコー取り掛かってました。


009

ボーネルンドにも捕まってる2人。
結局、そこでもお買い物。

夕方までなかなか楽しめました。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ