« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

姫木2012夏③リゾート

004_2

なぜに太鼓の達人してるかというと・・

洗濯した衣服が乾かずドンドン貯まっていくので、コインランドリーへ。池の平ホテルのアミューズメント館にはプールがあるためか、コインランドリーがあり、それを事前に調べておいたので、パパっと乾燥のために立ち寄り。3台占領してフル稼働させたけど、時間がかかるので、その間アミューズメント館でまったりと。

珍しく採りモノ系のゲームで1つゲットできて、パパ嬉しい。
子どもたち、ゲームができて普通に楽しい。


022


この日の行き先は東急リゾート。
天気は最高。

こういうとこって何かにつけてお金高いし、作られた自然みたいなものは積極的に行かないのだけど、一度くらいはね。行ってみないとわからないし。

行ってみて実感。
雰囲気はいいけど、自然という意味ではちょっと違うかな。
でもこれはこれで気持ちよく、みんなで楽しむことができました。

それにこの蓼科湖方面はほとんど来たことないけど、渓谷などもあり開拓余地あり。


006

アンファミーユでお義母さんの誕生日祝いランチ。
前の日にカレーだったからカレーは避けたんだけど、やっぱカレーのほうが正解だったかも。カレー美味しい!


019

ここでは釣りにトライ。

小さな釣り堀に魚がいっぱい。自分はいままで釣りとは縁がなく、釣りをするのはいつ以来だろう、子どものときに野球仲間と釣りして楽しかったのを思い出すなぁ。。とか想いを馳せる間もなく、引きまくりの釣れまくりで入れ食い状態。あまりにあっけなく釣りきってしまいました。

でも、子どもたちはその初めて魚を釣り上げるという感覚、捕まえた魚をギュっと握り締める感覚。とても新鮮だったと思う。レベル1upって感じです。

今度はもっと安くて広いところで釣りしたいね。


025

釣ったのはニジマス。姫とジュンで順番に釣って3匹。元気な魚だけど手で掴むのも全くためらい無し。それを自分でお店に持って行って焼いてもらう。


029

普段そのままの形の魚にかぶりつくことはあまり無いから新鮮だね。ペロリとたいらげてました。

自分が子どもの頃の釣りした記憶、それは美味しかったあのニジマスの味と一緒に記憶されている。この日魚を初めて釣ったこともそうやって2人の記憶に残るといいな。だから、子供には美味しいものを食べさせてあげたり、普段経験しないことをいっぱい経験させてあげたいと思う。


033

白樺湖のほうに戻って、以前にも来たことがある陶仙房へ。
今回もまたやりたいね、ってことで2回目の陶芸体験。


040

ここはホタルが見られるらしく、それも叶えばよかったけれども今回は時期が合わなくて、というか子どもの夏休みに合わせる限りはここでホタルを見ることはちょっと難しいかもです。


044

前回は手捻り。今回はばあば、ジュンと一緒に轆轤(ろくろ)に挑戦。難しいんだけど、始めるとすぐ。


045

ジュンは平皿、ばあばは抹茶碗、自分はビールカップ。


048

ママと姫は絵付け。どちらも上出来だし、出来上がりが楽しみだね。


053

ママと姫を待っている間、ジュンと散歩に行ったら、茂みの奥に楽園・・と表現したくなるような広場が。茂みに囲まれているので、外から見えないんだけど、中に入るとキレイなお花畑。不思議な場所でした。誰かが整備してるのだろうか。

陶芸を終えて帰宅。前の日から姫とエアロビーにはまっているので、この日もまだ陽があるので2人で明け暮れる。姫は日に日に上達していて、もうすでにパパよりも投げるのは上手かもしれない。キャッチングはまだ難しいみたい。さすがにパパも負けられませんし。

写真はないのだけど、この日はまだ続きが。楽しみにしていた車山高原の星空観察イベントはいけなかったのだけど、この日は雨が降ってないので少し星空観測に上へ登ってみよう、ということに。

・・が、車山高原のあたりまで行くも、空は雲が多くほとんど星は見れなかった。でもでも、雲の合間から見える月がとてもキレイで明るく輝いている。さらには、結局星空そっちのけで、山びこ合戦に。空気も澄んでてよく跳ね返ってた。子供たちがヤッホーヤッホー言ってたら面白いくらい跳ね返るので、じいじもパパも、そしてママも。みんなでヤッホーでした。

で、さらにさらに、行き帰りの道でキツネやタヌキに遭遇。
これまた大人子ども関係なく、みんなで一緒に大はしゃぎ。

お義母さんがいなかったのが残念でしたが、また今度星がよく見えるときに行きましょう。

姫木2012夏②燦々と

002

2日目も朝方はのんびりと。午前のうちに昨日から作っていた工作は完成。木の箱に釘など打ちつけて作るピンボールゲーム。あとは東京に戻ってから色付けしたり。拾った木々なども上手く使えば可愛くできるかな。

ちょっとベランダでお茶をして蓼科山のゴンドラヘ。

004

ゴンドラは片道5分ほどの空中散歩。ちょうど6人乗りなので、みんなでわーきゃー良いながら山を登る。見晴らしがよく高さもあってちょっと怖かったりで子どもと一緒に大人も盛り上がる。子どもはまったく怖がることはなく、ママが一番怖そうにしてた。やっぱこういうのは苦手みたいね。


057

登った先にあるのは御泉水自然園。
植物園などはおとなしめだけど、ちょっとした湿原がありほどよい散歩程度のコース。登ろうと思えば急こう配の滝までコースが行けるのだけど、それはまた次回のお楽しみに。


030

湿原はちょっとした冒険コースのようで、子どもたちは大はしゃぎ。
ちなみにこの写真。手前の枝が、ドラゴンみたいで「ドラゴンがいた!」と子どもたち大興奮。


051

水が冷たく澄んでて、涼しく心地いい。
湧水もあるのでちょっと口にする。超軟水。飲んだ後に見つける「煮沸して飲んで」という注意書き。


093

またまた遅くなったランチは峠を下って、たてしなップルへ。
妻が前々から食べたいと言っていた蕎麦粉のガレットやカレー、子どもたちはピザ。

帰りにえちごやで買い物をして帰宅。


102

この日は前日に比べて涼しい。雨も夜中には少し降ったけど、夜には花火もできたし。ただ、着るものがなかなか乾かなくて困る。

また、昨日から今日にかけてジュンの顔に出来ていた発疹がひどくなった。この日は日曜でもあったので、病院だけ調べておいて明日以降様子見をすることに(結局、後々になって行くことになるが、「とびひ」だったらしい)

姫木2012夏①のんびりと

026

今年の夏休みは金曜夜に姫木入りして、木曜帰宅。

出発の前に、次の日に仙台に行ってしまうお友達に挨拶。見送るはずが、こちらが長野に行くとあって逆に見送られる形に。

夜中に着いたわけだけど、子供たちは車で一眠りしていたのでとても元気。行く道は山に入ると雨が降ったあとらしく、もやがかかっていて不思議な光景。道路から湯気が上がっている。ただ、雨上がりは虫が多くて家に入るのも一苦労。必要最低限の荷物だけ出し入れして家の中へ。

で、翌日。とにかく暑い。
暑い暑いと言ってるばかりでは仕方ないのだけど、避暑に来たはずなのにこの暑さは。。


017

土曜日はもともと東京からの移動日と考えていたので、特に予定なし。基本的にのんびりと。

朝はぶらっと散歩するもあまり虫がいない。去年いたような蝶々やセミがいない。いるのはバッタとトンボくらいかな。意気込んで虫取りあみを持ってくるも、収穫はいまいち。

庭の雑草などをキレイにしてさっぱりと。コナラの木が成長している。昨年埋めたモモの種はさすがに芽を出してないらしい。


034

お昼は近くに美味しい蕎麦屋があるということで、黒曜へ。

着くと車の数の割には、入店待ちでけっこう待っていた。お店の人の数が足りないのか、席が空いているけど回せない様子。お義母さんが、「娘さんが美人でね」と言っていたのでついつい注目してしまうが、確かにお綺麗で演歌歌手のような、何と言うかしっとりした佇まいの方でした。


039

韃靼そばがとても美味しかった。
ボリュームもあるし、天ぷらの野菜がみんな甘くておいしい。
久しぶりに美味しい蕎麦屋さんに出会って、意気揚々。

054

お昼の後は鷹山牧場へ。

ちょっと寄っただけなので、何しに行ったわけじゃないけど、魚のつかみどりや乗馬、ヤギのお散歩など、遊べることが多いらしく、賑わっていた。ウチらはソフトクリームだけ食べて家路へ。

夜に車山高原の星空観測ツアーを予約していたのでそのつもりでいたら、事務局から夕方携帯に電話が。「雨と雷で一部内容を変更します」とのこと。え?まじ!?雨なんて降ってないけど?

時間まで夏休みの工作など、内職に勤しんで、行く前に早めに食事を済ませるも、その時間には雷とともに大雨。見事な山の天気の変わりっぷりに残念ながら行けず今回も断念。昨年は妻の理解が得られず行けず。今年はせっかく行く気満々も・・。

また今度・・と、楽しみは次へとまた見送られました。

金魚まつり

008

初めての金魚まつり。
流金とか高級金魚もいるんだけど、すごい列。

元気な金魚、追加入りました。

ミニトマト

020

夏休みの宿題。去年はアジサイで今年はミニトマト。
茎をしっかり描くと、葉や実が小さくなってしまうようです。

青い実が付いてからかなり時間が経過したけど、なかなか赤くなりません。

友情の証

046

2011年、東日本大震災。

思えばまだ姫も小学校に上がる前のことだったわけだけど、災害の規模は広く、その余波は姫の同級生の家族にまで。

1年生の頃から一番仲良くしていたお友達家族。ご親族が被災され、ご家族が仙台へ引越しされることに。夏休みに入ってまもなく、7月末には仙台へ。

その前に、ということでお友達をお招きしてお泊り会。ちょっと甘えん坊なところがあるので、お母さんがいないと寂しがっちゃうんじゃないか、という周囲の心配はまったく意味なし。

はしゃぐはしゃぐ、姫と走り回って遊びまわって大変。パパもなんだかごっこに巻き込まれて、怪獣だかお化けだか透明人間だか、まぁ悪者役を任されて同じシーンを何テイクも。だって、演じてると「カット!!」って言って、やり直しさせられるんだもんw。で、何度も抱っこしたりしたもんで、翌日筋肉痛だったり。姫もデカいんだけど、その子、2年生でも背の順で一番後ろ。抱っこしがいがありました。

2年生、まだわからないのか、どうなのか、あまり悲しんでいる様子はなかったけど、転校するともう遊べないというのはわかってるみたい。夜遅くまで、そして朝早くから遊び倒す2人。2人で布団を並べて寝たものの3時すぎに目が覚めてしまったみたいで、そこからガールズトーク。いったい何を話したんだろうね。

これは友情の証。お揃いの時計。
きっと深くつながった絆の糸がここにある。

サマースクール

015


夏休み初日はサマースクールから。

往復はがきで応募したのが当選して、親子コースに参加。
残念ながら小学生以上ペアでのみで参加可のためジュンは参加できず、姫と2人でポニーのお世話。厩舎の掃除はボロもいっぱいだけど、臆することなくしっかり綺麗に。ポニーの体を綺麗にしてあげて、最後は餌を作って食べさせてあげて。

転居する前のマンションのすぐ近くにあった公園なので、馴染み深くてそれも嬉しかった。ポニーにもよく乗っていたし、お世話をした「さくら」ちゃんもよく憶えてます。

そして、担当の飼育係の方は、とても丁寧にやさしく子どもにも分かりやすく説明してくれました。ありがとうございます。

いざ五輪!

047_2

さぁいよいよ!

相変わらず妻は興味を全く示さない。そんな日本人がいるのが不思議だけども。子どもを巻き込んで一緒に盛り上がろう。時間帯的に生放送で一緒に見るのはちょっと難しいかな。

開幕式を前にすでにサッカーでは、女子がカナダを、男子はスペインを撃破。出だし良すぎるぞ、日本。

写真はスポーツ公園にて。平行棒を頑張る姫。


元気に5歳!

043_4

7月に5歳になったジュン。
まだまだ赤ちゃんみたいなところもあるけど、急速に頼もしくなってきた。

何より元気がいっぱい。表情が豊か。満面の笑顔は眩しすぎて、パパも悩殺されるほど。よく遊ぶし、よく食べるし、よく寝るし。そして何にも増してよくしゃべる。起きてから寝るまで、しゃべりまくり。太陽みたいな存在でみんなの元気印。

仮面ライダー大好き、ということで、姫のときと同じようにイラストプレートのケーキを。フォーゼのコズミックステイツとファイヤーステイツ。「


026_8

誕生日プレゼントはいろんな人から色々あったのだけど、パパママからはマリオパーティ9。今年のパパの誕生日にWiiを買ってそれ以来マリオが大好きなジュン。ゲームはそんなに上手にできないけど、とにかくマリオ大好き。

これは昆虫の図鑑。すでに動物と恐竜の図鑑はクリスマスにもらって持っているので、シリーズに追加。

ジュンは、マリオが大好き、動物や昆虫が大好き、ぬりえが大好きで1冊渡すと2、3日で全部書き上げてしまう。ご飯をよく食べ、お菓子も大好き、寝つきがよくてのび太並みにコロっとすぐ寝て朝もスッキリ起きて、起きたらすぐに自分で着替える。外で遊ぶのが大好きだけど、あまり怖い遊具はすぐに諦めるビビリなところがあって、できないことは頑張らない。でも最近は今まで出来ないと逃げてたひらがなに急に興味を持っていて、ぬりえ並みにひらがな練習に没頭中。笑顔は顔いっぱいに表現して、泣くときも顔をくしゃくしゃにして大粒の涙を流す。担任じゃないけど、ずっとあかね先生が大好き。人見知りはせず誰とも話せるんだけど、急に恥ずかしがったり。でも、お姉ちゃんの友だちともよく遊び、溶け込める。お話が大好きで、朝起きてから夜寝るまでずっと喋ってる。

そんな5歳全開のジュン。

背の順はさくら組の中でも一番後ろなのだけど、もっともっとグングン大きくなってね。体もココロも。またこれから1年楽しい1年にしていこう。

絵手紙

004_22

最近、お義父さんお義母さんから絵手紙をいただいた姫とジュン。

絵手紙を書こうということで、ジュンと姫も挑戦。ハガキを渡していつもどおりのお描き。姫は絵の他にいろいろ言葉も添えて。

ジュンは5歳になったのだけど、まだひらがなが書けない。せっかくなので、手紙の表に自分の名前だけでも、と1文字ずつ真似させてなんとか書き上げた。やりましたよ、ひらがな書けました。

それまで、教えようとしても「わかんない」と半べそだったジュン。これを境に急にひらがなに熱を入れるようになって、ドリルを自ら進んでやるように。それも驚異的なペースで。知的好奇心の扉が開けたのだろうか。

銚子丸

Dsc_1000

相変わらず美味しい。
この時期は金目鯛。

動物の時間

027

バレエ発表会の日は、こちらに引っ越してから初めてお義父さんとお義母さんが泊まっていただいた。そのまま姫とジュンに付き合ってもらう形で、近くの公園へ。

自然動物園にはペンギンやワラビーであったり、ウサギやモルモットなどとのふれあいコーナーがあったり。近場でのんびり見れるので、無駄にボーっと動物たちの行動を観察したりする。


015

この日は小動物が可愛らしかった。


020

プレーリードッグがなぜか壁を一生懸命ジャンプ。
外に出たいのだろうか。

素敵なバレリーナ

005

2012年6月、バレエ発表会。

1年半ぶり2回目の発表会、前回はまだ姫は幼稚園だった。前回はそう、捻挫をしていたんだ。そのときからだけど、姫はちょっと捻挫をしがちで、「捻挫が癖になっちゃって」が口ぐせ。今回は足痛められたら困るので、近づくにつれ、公園で遊んでても「足を捻らないように」と言って聞かせて今回は体調万全で臨む発表会。

今回の演目はSleeping Beauty、眠れる森の美女。前回は幼稚園児の発表の枠で少ししか出演しなかったけれど、今回は演目全体の中でしっかりと役を与えられて、プロの方々とも一緒の舞台に上がる。登場する機会もこれまでとは違い5回ほど出てくる。姫に聞くとちゃんと練習に怠りなく、自信があるっぽい。

有言実行、本番もすばらしい出来っぷりだったと思う。他の子と比較する暇はないので、他と比べてどうかなんて知らないけど、姫の踊りはとても上手に出来ていた。始まる前の緊張と気合の入りっぷりは立派なもの。それだけに終わったときの安堵と達成感に溢れた表情もまた一際キラキラしてたね。

一回り、二回り大きくなった姫、いったん今のバレエ教室は卒業。

あまり弱音は吐かない姫。バレエのレッスンの日は、その前にプールもあるので疲れて行きたくないってときも何回かあっただろうし、本当はもっと大変でつらかっただろうに、休まずにやりきったのは姫の偉いところだと思う。本当によく頑張りました。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ