« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

写生大会

Dsc_0842


桜が咲く前だったかな、写生会した。近くの公園に行って、ノートと色鉛筆持って行って。

見ながら描こうよっ・・て思ったら、まずは全部見てそれをベンチで書くんだって。それじゃあ別に外で書いてる意味があまり無い気もするけど、絵を描くのが大好きなので、それでもすごい楽しいみたい。


008

ジュンも一生懸命書いてました。


013

また違う季節に行くと、違う絵が描けて楽しいね。また行こう。

志摩 España Adiós

005

3日目の朝、宿を出発。
今回の宿はロフト調だったので、その目新しさに子供たちも興奮しきり。温泉は貸切ではなかったけど、広くてジュンとほとんど2人で独占できたし、夜に朝にと子どもたちとカラオケして楽しかったし、今回初めてつけた食事も満足でした。

最終日は鳥羽を出て、「パールロード」で志摩へ。見晴らし良いんだけど道が曲がりくねっていて起伏もあって妻に不評。ちょっと残念。


080

志摩スペイン村。家に帰ればTDRが近いので、何もここまで来てテーマパークに来なくてもいいんじゃないかな、ってあまり乗り気じゃなかったのだけど、行ってしまえば面白いもので、みんな満足。春休み期間中とはいえ平日だし、混雑はまったくなく、すいすい遊べるのも良かった。


041

吊り下げ式のすんごいジェットコースターとかあったけど、バルーンくらいが精一杯。子供たちおおはしゃぎ。


049

アリスをテーマにしたアトラクション。子供たち、鏡の迷路とか初めてで面白かったみたい。


019

一番子ども受け、とくに姫が気に入りだったのが、期間限定のアトラクションの「冒険大迷路」。謎を解きながら迷路を進み、最後では分岐する道を選択して宝を探し当てるというもの。間違った道を選択すると宝に巡り会えずに終わってしまうのだけど、見事に制覇。姫は飛び上がって喜んでた。こういうの好きだよね。


060

志摩スペイン村はいろんなエリアで構成されているのだけど、こういったスペインの街並み風に仕上げられたエリアもあったりで、良く出来てます。帰りの時間があるので、限られた中だったけど目一杯遊んで帰路へ。


083

渋滞があると困るので、名古屋まではとにかく急いだ。結局、高速道路でちょっとしたアクシデントあり時間をロスしてしまったけど。。

名古屋だから名古屋らしいところ、、は別にいいみたいで、ラーメン食べたいということで、レンタカー屋さんに美味しいところを聞いて近くのラーメン屋さんへ。

で、帰りもトランプで大盛り上がりで、3日間楽しいの連続で終えられた旅が終了。帰り道、何度も姫が「楽しかった」と口に出して繰り返していたのが印象的。楽しくってもなかなか何度も「楽しい」って言葉に出すのはないよなぁと思うと、相当面白かったのだろうな。大きくなってどれだけ今のことを覚えているか分からないけど、こういう経験をもっともっと重ねていってあげたいな、って思う。

鳥羽 湾めぐり 海獣の住む海

014

宿は眼下に鳥羽湾を臨む高台にあって、朝から快晴で気持ちのいい天気。ただ、1日風が強くてちょっと寒かったけどね。風が強いのは地形的に必然なんだろう、きっと。もう風がビュービュー吹いて肌ぴりぴり、髪乱れまくり。いちいち気にしてたら楽しめないから何も気にしなかったけど。


056

今日は鳥羽湾を巡る旅。
まずは、イルカ島。本当はイルカタッチをやってみたいと思ってたのだけど、先着に間に合わず断念。でもこれだけ距離が近くて間近に迫るイルカジャンプもそうそう見れないなと思うと、それだけで十分。

で、イルカ島は、正直なところ期待はしていなかったので、その想定範囲内でよかった。期待してたらそのギャップに打ちのめされてたかもしれない。イルカのショー以外は風も強いし時間も合わないし、ちょっと居てももったいないと思い、すぐに船に乗って引き返した。


053

イルカとの距離数十cm。
この身近さ、何もなさげに佇むイルカが非日常的。


059

鳥羽湾を巡る船はなにせ風が強い。
船外にはあまり長く出てられないのだけど、船と並走する海鳥や鷹が可愛くてついつい見入る。


064

お昼は浜辺屋さんで海鮮丼。
姫はここでも伊勢うどんをチョイス。


073

鳥羽巡り、2つめは鳥羽水族館。

非常に多種多彩で、生き物たちを魅せることに工夫がされた印象。テーマごとにエリアが12に分かれていて、順路がないのが特徴的で館内の配置も回りやすく、ずっと海の中にいるような気分。ジュゴンやマナティなどが悠々と泳いでいたり、アシカやアザラシのパフォーマンスもあったり。中でもウケたのは、セイウチのショー。お笑い芸人ばりの話術でセイウチとの掛け合いでステージを盛り上げるお兄さんお姉さん。これは子供も大ウケ。

ウチの地元には葛西臨海水族館という立派なものがあるけれども、鳥羽水族館はそれをも凌ぐさすがの内容。これまで観た水族館のなかでも最高の内容じゃないだろうか。大満足で本当に親子共々楽しめた。


119

ジュゴンの愛くるしい表情。


126

ジュゴンのお食事タイム。上からなんか落ちてきたと思ったら、海藻が敷き詰められたプレートが。それに体を埋もらせるようにしてモシャモシャ食べるジュゴンちゃん。


144

姫はずっとDSカメラで魚たちを激写。「あとでばあばに見せるんだ」と、一生懸命魚たちを写真に収めては、それが上手に撮れてると楽しくてたまらない様子。


164

まさに海の世界に潜り込んだような時間でした。


177

鳥羽めぐり3つめは、ミキモト真珠島。
昨年の妻の誕生日に真珠を買ったので、行くこともないと思ってたけど、妻が行きたいというので、まぁセットで入場券も安くなったこともあり足を運ぶ。

「島」なんだけども、連絡通路で繋がっているので、歩いて行ける。博物館、記念館、それと購入できるショップなどがあり、結局「記念に」と妻が真珠入りのフォトフレームを購入。せっかく行ったんだからね、買わないのも損な気もするし、いいんじゃない?


180

海女さんの実演を見られるのが貴重。パフォーマンスとしてのショーではあるのだけど、実際に目の前で見ると新鮮。


187

そして夜は地元で美味しそうなお店を探して、そのイタリアンへ。
みんな1日中歩いてお腹思い切り空かして行ったので美味しいこと美味しいこと。


207

Cuccagnaさん、美味しかったです。

伊勢 神の社 食の幸

110

妻と出会って15年、結婚して10年。
10年目の結婚記念日は家族4人で伊勢で迎えることに。

2泊の旅行は、行程びっしりで100%フル満喫できてみな大満足。
自分も楽しいけど、みんなが楽しいというのがとても嬉しい。
それを実感できた結婚10年目。日々学び日々成長だな、とか思った。


016

国内の電車旅行というと、以前に秋田は乳頭温泉へ行って以来。そのときはまだ姫が小さいころで、ジュンは新幹線に乗ったことがないので、新幹線旅行を楽しむために電車を選択。名古屋についてからはレンタカー。

2人とも新幹線に喜んでたけど、新幹線の行程はみんな何が楽しかったって、結果的に車中のトランプだったという。どこでもできるじゃんって話だけど、ここだから面白いっていう。思えば盛り上がりすぎて周りに迷惑だったかもpencil


050

昼には伊勢に到着。1日目は伊勢神宮。

ガイドブックで予習して、そこに書かれたままにまずは外宮、そして内宮という順で参拝。
いにしえより天照大神、豊受大御神を祀り、樹齢数百年の檜や杉などの大木が立ち並ぶ広大な敷地に佇む社、その神々しさ、スケールの大きさに信心浅い自分でもその空気に特別なものを感じる。まさに聖域、日本最大のパワースポット。


085

内宮へ向かう道は辛くて楽しい道のり。

辛いというのは、外宮から内宮へ向かう道が1本しかなく車で10分のところ、混雑渋滞で1時間以上かかったこと。もう2時も回って朝も早かったから、みな腹が空いて仕方なくて機嫌が悪い。これも神様の試練か、いやそんなわけはないんだけどちょっと大変だった。

で着いたおかげ横丁。もうみなの食欲大開放。
空きに空いた腹に美味しいものを入れられる幸せったらない。


068075

初めて食す伊勢うどんは「ふくすけ」で。真っ黒なつゆも見た目と違ってマイルドで独特。太くて柔らかい麺もまた独特。これは大好きだ。


082

ジュン、おつゆまでソッコー完食。


092087

間髪入れずにお店をはしご。つぎは「すし久」でてごね寿司。


096

そして「豚捨」のメンチカツ。


139

宿についてからの夕食、伊勢海老御膳。
夜は食べ過ぎて苦しくなって終了。


109

伊勢神宮参拝の初日。
けっこう歩いたと思うけど弱音も吐かず元気な2人でした。

SAKURA Blossom

020

2012年も花見は新川沿いを4人で散策。


021

桜の花びらも大きいけど、年々桜の木が少しずつ大きくなっている。
あと3年もするとこのあたりもさらに立派になるらしい。


021_2

春は花が色づいて、視界が一気に鮮やかになる季節。


018


復活

028_2

もう結構前の話だけど、姫が自転車で点灯して怪我をしてしまった。それ以来、怖くて自転車を半年くらい乗れずにいたのだけど、少しずつ感覚が戻っていまではどこか行こうとすると、ちょっと近くでも自転車に乗りたがってる。逆に車じゃないと行けないような遠い場合でも乗りたがって大変。

いま自転車に乗るときは3台構成。
必ず姫が一番先頭を走り、ジュンを乗せてパパが2番目、一番後ろにママ。

自転車を一生懸命こぐ姫はなかなか凛々しくてたのもしい。

ROUND1とかコストコとか

Dsc_0838

前から妻がコストコに行きたいって行ってて、三郷に行ってみた。
こちらは子どもとROUND1に行ってみたいと思ってたので、妻とは別行動。


Dsc_0837

コストコ、予想してたよりも倉庫感たっぷり。
混雑ぶりも予想以上。

食べ物にしても生活用品にしても、1つのパックがすごい量入っているので、他の人がカート見ても、入れているボリュームが半端ない。まさに、ここだけ日本じゃないみたいな世界。


001

で、こちらはROUND1。
店舗にもよるかと思うけど、ちょっとまだウチらには早かったかな。スポーツ系の遊びはもう少し大きくなってからじゃないとあまりできない感じだったし。ま、でも2時間遊べるものを思い切り楽しんで、満足な3人。けっこう混んたのもあって、疲れました。

歯のはなし

Dsc_0734

乳歯が生え変わるのを嬉しがっていたのもそう久しくないのだけど、どうやら矯正を要することになりそう。顎の小ささと生えてくる歯の大きさとのバランスが合ってないのが理由。本人、良いとも悪いとも言わないけれども、ちゃんと話をして覚悟を決めなければいけない。

自分が子どもの頃に虫歯治療で歯医者に通ったことはあるけれども、どうにも好きになれなかった。けど、矯正はそれとはわけが違う。これまで縁遠く、矯正が何ものかもよくわからない自分からすると、矯正具をしていることがストレスだとか心理的に悪影響を与えるんじゃないか、成長の過程でよろしくないんじゃないか、とか勘ぐってしまう。一方で、しないことの悪影響というのもある、ということ。

歯医者は3つまわってやっと納得できるところに落ち着きそう。
本人にとって何が最善かを考えて決めてあげたい。

Dix années

Dsc_0746

この3月に結婚して10年を迎えた。

記念品は「Christofle」のカトラリー。
一生モノ。大事に、けど使い込んで研ぎ澄ましていきたい。

春来たる

Dsc_0789

盆栽のひとつ、白梅が綺麗な花をつけ、


Dsc_0797

IKSPIARIの散歩道が花で色鮮やかに飾られて。

春です。
姫は2年生、ジュンは年中として1年がスタートしました。

プレステージ

久しぶりに映画鑑賞。のんびりリビングで。

2012年4月3日は、非日常的で印象的な1日だったので、ちょっと書き留める。この日は昼過ぎから急激に発達した低気圧が日本を横断し、とてつもない嵐に。暴風警報が発令され、企業も早くに退社する対応をとっていて、自分も早めの帰宅。

思いがけない帰宅に喜んでくれる子ども。いやー、こっちのほうこそ嬉しいよ。とはいっても平日ど真ん中なので、子供たちは早めに寝かせて、夜大人2人だけの時間を久々に楽しむことに。

前にWOWOW入ってた頃に録画してHDDにたまってる映画からチョイス。どれがどんな映画かまったくわからずタイトルだけでなんとなく選んでみたプレステージ。さらなる“偉業”を追い求め、そしてさらなる復習にはまっていく2人の男の物語。2人というか、、なかなか最後は面白い。

他にもいっぱい映画たまってるからなー、久しぶりに見たらもっと見たくなってきた。
こんな風に平日のんびりできるようになりたいなぁ。

ドラムさんいらっしゃい

024


うちにドラムがやってきた。

洗濯は妻がしているので、思えば久しく洗濯機なんて触っていない自分だけど、だからこそ妻の助けにもなる新しい洗濯機は大歓迎。まだ相場としては高い商品ではあるけど、かなり安く買えたと思う。あまり価格交渉とか面倒なんだけど、今回はヤマダ電気とケーズデンキで競っていただいて、かなり値段を落としに落とした。

というドラムくん、一度選んだ機種が業者に下見してもらった結果ウチの家には入らないことが判明。で、あらためて店舗に行って別の機種を選ぶなど、購入までに結構てこずった。

無事に納品してからは、とくにこのドラムくんは乾燥にすぐれているので、妻はかなり重宝している様子。地球にエコで、妻は時間を作ることができる。これってまさにPriceless。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ