« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

ジュンの成長

006

ジュンの保育参観の写真。

平日の保育参観なので、自分が行ったわけではなくママが行ったので、ブログに書くことでもないんだけども、最近はジュンの成長が目覚ましい。

まず、他の子ととても仲良く遊んでいること。別に前も遊べなかったわけじゃないけど、最近は自然に周りの子ととても仲良くなれてて、この前も同じ世代の近所の子に「遊ぼ」って自分から誘ってた。それに、すごい楽しそうで、誰とでも仲良くなれる。スバラシイっ!(featuring鴻上会長)

そして、よく笑う。よくしゃべる。で、よく泣く。「よく」っていうのは、「いっぱい」という意味の他に「思い切り」という意味も含めて。とにかく全身全霊、思い切り表現している。これは素晴らしいことだと思う。最近は朝起きると夜寝るまでずっとしゃべってる。眠くなるまでは。こんなに喋っててよく尽きないなってくらい。これまたスバラシイっ!

体もデカイけど、心もそれに負けじと大きくなってるね。

ドラマティック運動会

034

ジュンの運動会。前回は3歳保育のプレ参加だったけど、今回年少さんとして参加なので最初の運動会。

今年はなかなかトピック豊富。
その1:本当は土曜日開催だったのだけど、微妙な天気。朝早く起きたりしたけれども、結局土曜日は中止に。じゃあ日曜日かぁ、と肩を落としたと思ったら、土曜日はジュンの体調が急に悪くなり、もし晴れてたら運動会どころじゃなかった。病院へ連れて行くと39.2度の高熱。ただの風邪だったみたいでヨカッタけど、その日はぐったり。土曜日じゃなくてヨカッタと一安心。でも、もともとは日曜日にBBQを予定していて、運動会が日曜日に順延されたため、それは仕方なくキャンセルに。。

その2:ジュンの参加演目は、徒競争、おきがえ競争、ママとのお遊戯の3つ。そんなに足が遅いわけじゃないけど特別早いとも思わない。応援はしてたけど、それほど期待をしてたわけではなかった・・のだけど、なんと徒競争は1位という結果に。スタート出遅れてあちゃ~と思ったらあれよあれよと抜いていくではないか。・・ってか、他の子と比べてストライドでかい、体でかい。なんか他の子にズルしてるみたいで申し訳ないけど、1位になってパパは大満足です!そしてなんと、おきがえ競争もジュンのグループが1位になり、申し分なし。

その3:年少さんのお決まりお遊戯、「ママはひまわり」。姫が演ったときとアレンジなし、まったく同じで新鮮味はないのだけど、何よりママとジュンの愛情たっぷりなところが見れてすごくいい。姫のときもそうだった。ママは周りの他のママたちよりも人一倍恥ずかしそうにしているんだけど、人一倍ママのことを大好きに思っているジュン。お遊戯としてはぐだぐだだけど、くっついて離れない姿が愛情たっぷりで微笑ましい。この親子の愛情、どこの家族にも負けてないと思う。

その4:姫も卒園児の演目に参加。午後一の徒競争だった。かけっこでは、いつもビリかブービーくらいしかなかったのだけど、この日は6人中3位かな(姫は「2位だった」ってすごい喜んでた)。素晴らしい出来だったのに、なのに・・、ムービーの録画がキチンとされてなかった。そこだけ録画ボタン押せてなかったみたい。。終わった後に、姫に平謝りである。。

この日は家族がいっぱい来ていたので、姫も幼稚園のときの友達が多数いてたのしかったみたい。ジュンと姫の学年、の兄弟がいっぱいいて、ジュンのイベントがあれば姫の友達もいるし、姫のイベントに行けばジュンの友達にも会える。

子どもたちには申し訳ないけど、お弁当がいまいちだったね。前日自分が作ったライスコロッケを持っていったのだけど、ほとんどそれだけしか持っていかなかったから。飽きちゃうし、彩り少ないしね。

ま、家族みんないれば美味しいし楽しいから、良しとしますか。

我が街

033


我が街の眺望。
10年もいれば、愛も芽生えるわけで。

狂乱の区民まつり

012


ちょっと前の話だけども、「区民まつり」なるものに行ってみた。
そう、IKSPIARIハロウィンに行った日だったな。

結婚するときに引っ越してきたこの土地。思えばもう10年住んでいることになるわけだけど、一度も行ったことがないので、「一度くらいは」という軽い気持ちで行ってみたのだけど・・

軽い気持ちで行けるイベントじゃなかった。。

我が区の人口、70万人弱に対して、「毎年60万人が訪れる一大イベント」というこの区民まつり。人口密度が半端なく、朝の東西線さながらにまるで満員電車。足が前に進められない。軽い気持ちで時間もなかったので、歩けるところをなんとかぐるっと歩いてもうただ帰るしかなかったよ。美味しそうな屋台には長蛇の列。まったく並んでないポップコーンを2つ買ってすごすご退散。子どもたちポップコーン大好きだからヨカッタけど。

スゴ過ぎて、もうきっと行かないと思う。まつりってすごいなぁ。
こういうの見ると、地元の元気が伝わって嬉しいね。

中秋から1か月の名月

023

今年は姫だけでなく、ジュンも一緒にお団子作り。

なんかハートとか葉っぱとかだけでなく、輪っかになったお団子とか、そんな不思議な形のお団子がいっぱいになったけど、しっかりゆで上げて美味しくできました。(去年はゆで時間少なくて失敗したのをよく憶えてる。。)

おいしゅうございました。
みんなでお月見しながらいただきました。

いいよね

002_2


仲良きことは素晴らしきことかな。
2人くっついて遊んでは、すぐにケンカになってまた仲直りして。

オーズ蓄熱

010

オーズが終わって久しいけれども、ジュンの・・というか我が家のオーズ熱は冷めやらず。1カ月ごとにリリースされているDVDも楽しみで、すでにvol.1~8まで制覇。何度も何度もリピートで観ている。ちょうどこのvol.8に入っている第32話「新グリードと空白と無敵のコンボ」あたりが、オーズとの出会いだった。かなりオーズと付き合ってきた気がするけど、まだ半年前のことなんだなぁ。

1話から32話を見てみても、32話の展開はかなり濃密である。そういう回に最初に出会えたというのもこれまた運命のよう。実際、そこからはラストに向けて大きくうねっていきさらにヒートアップしていくわけだけども。

写真のメダル。結局、ジュンの誕生日に買ってあげたオーズドライバーを皮きりにメダルも相当増えた。もう手に入れられるところも無くなってしまったので、ここまでかな。このメダルもゲームと繋がったり携帯とも連動したりと、ただ
変身ベルトのグッズというだけでない展開があるからすごい。


001

ジュンの描いたカマキリヤミー。
第1話に出てくる最初のヤミー。
これ、なかなか上手く描けていると思うよ。

IKSPIARIハロウィン

035

今年もIKSPIARIハロウィンへ。

昨年までは人数限定でキャストの人と街を練り歩く演出型のイベントだったのだけど、今年はちょっと違うイベントに。自分たちでIKSPIARI内を回って目印となるカボチャを探し、そこの店員さんに合言葉を言ってお菓子をもらう、というもの。

いずれにしても子どもたちは楽しくってしかたない様子。「次のカボチャはどこだ-?」「あ、みつけた-」2人して本当に楽しそう。姫は白いドレスに黒いマントを纏い、純もおそろいの黒いマントでこうもりになりきり度ばっちり。

店員さんに「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらうのだけど、純は恥ずかしいのか、本気で忘れてるのか、店員さんの前に行くたびに「なんだっけ?」と姫にたずねては姫に耳打ちされて、満面の笑顔で「あ、そうか」というやり取りの繰り返し。その2人の光景がなんとも微笑ましい。

2人とも(とくに純は)、お菓子をもらったそばからバクバク食べてお腹いっぱいのハロウィンでした。グリコさんありがとう。

051

この日は夜までみんなで遊ぶ。

暗いから気を付けろって行ってるのにサンダルで走って足を捻ってしまった姫。心配したけど、その夜しっかりと冷やしたら次の日にはすっかり治ってた。イベントに話題を事欠かない子どもたちです。

強くなれ

Dsc_0363

ここ最近、公園に遊びに行ってあげられてなかった。久しぶりに行くと、姫もジュンもいろいろなことが出来ていて、たのもしい。一人で飛び乗れなかったこれも、ちゃんと出来てるし。

まだまだできないことも多いけど、一歩ずつ一歩ずつ。

茗荷

002

妻の実家、軒先で茗荷を採る。

よく昔、母方の実家でも採ったのを憶えている。
日陰のジメっとしたところにピョコっと頭を出している。

あまり採る機会の無いものだから、なんだか楽しい。

ガーデンBBQ

037

涼しくなって、すごしやすい季節。
妻の実家、庭でバーベキュー。
みんな美味しくいただきました。

いろいろあって、自分の実家に顧みたりする。
こうしてみんなで美味しく楽しくいただけるっていうのは何と嬉しいことかと思う。

虹の橋

001

植物に水を上げる。
水を元気になるだけでなく、自分も元気になる気がする。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ