« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

姫木平は晴れでした

001_5

一週間前の蓼科日帰りに続き、なんとそのすぐ翌週にも蓼科へ。

行くことが決まったのも前日金曜日の夜ということで、急なんだけれども。それでもとても楽しい日帰りの旅。しかも今回は行って3時間くらいしたらまたすぐ帰る感じだったので、往復8時間ドライブしてるってだけの旅に近い。行きは関越から上信越へ、帰りは中央で。中央は混んでるイメージしかなかったので、時間によってはそうでもないんだと初めて知った。意外に使えるじゃないか。


008

目的地は姫木平の別荘地。家を出た時は雨と風がひどかったのだけど、時間とともに北へ行くとともに青空が迫ってきてあっという間に包み込まれた。姫木平もそのあとの中央道の景色も、緑と青のコントラストが目に鮮やか。

011

管理会社の人と相談。

40万ほどするDuchwestの薪ストーブ。
煙突含めて全部そろえると100万くらいするらしい。

014

お世話になります、管理会社さん。

一週間のち再会

030

1週間前に会ったお姉ちゃんたちにまた再会。

ずっと3人で遊んでたね。先週も今週も短い時間しか遊んでないけれども、こうしてまた会うとグっとまた仲良くなるんだね。また今度地元に帰っても遊ぼうね、と約束。きっとまた必ず会えるよ。

ジュンも遊んでたけど相変わらず木やら虫やらに夢中だったご様子。遊んでてほしいときには良いんだけど、そうじゃないときはいちいち足を止められて厄介だ。

住まいの理想と現実

004_2

妻が「見に行きたい」というので、分譲戸建ての見学に行く。
3つほど見たのだけど、最後のが一番ヨカッタ。で、価格を聞くと6,000万だと。。

・・・。

スーパーミラクルハリケーン

015

雨なのでバルコニーでシャボン玉で遊ぶ。
1時間以上やってもまったく飽きないのが不思議だ。

写真は、大きな輪になってるのを振るとシャボン玉ができるってヤツ。
体ごと回転してる姫。

明日は晴れますか?

005

今日は一日降ったり止んだりの天気。

それでも朝起きたら、前の運動場では野球をいつものようにしててスゴいな、と感心。
オレも小学生のときはそうだったな。土日祝日休みなかったな。ジュンもそうなるのかな。

雨の日ではあるけれども、子どもたちには雨の日なりの楽しみ方がちゃんとある。それでも雨の日よりも晴れていたほうが楽しいので、てるてる坊主を吊るしてみる。降ったりやんだりだったので、止むと「てるてる坊主ありがとー」と叫び、雨が降りだすと「てるてる坊主がんばれー」と応援したりしてる。

という落ち着きのない天気の一日。

亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐをちょっと前に見た。
ゆるーい感じがいいね。狙ったところを狙い通りだね、きっと。

蒼井優のキレっぷりがいい。
あと、要潤のハゲオヤジっぷりがツボです。

月に思いを馳せる午後

026_2

今日は中秋の名月、明日は満月らしい。
白玉のお団子を姫と作る。この時期の恒例になってきた。

蓼科の旅④ふれあい

056

せっかく蓼科へ来たのでちょっと寄ろうよ、ということで長門牧場へ。

1度、姫が1歳のころに来たことがある。という話を妻にしたら、なんだかすっかり忘れている様子。なんだよ、寂しいじゃん。

048

トラクター発見。ジュンが喜ぶと思ってさっそく乗せてみる。
そりゃ嬉しいよな、間違いないよ。

072

敷地内には羊とヤギがすぐ近くにいて、ふれあうことができる。へっぴり腰ながらもがんばって草をあげようとする姫。手も食べられちゃうんじゃないかと思ってるのか、ちょっと近づくと手を離しちゃうんだけどね。そんな姫の・・

Img_0835_2

これが1歳のときにこの牧場に来た時の写真。
むっちむちだね。

054

山の上だけに雲も多いけど、気持ちのいい蒼い空が見えた牧場からの景色。
また来ます。

蓼科の旅③であい

040

今回の蓼科の旅は、新しい友だちとの出会いの旅。

今回訪ねた別荘のオーナーさんのお孫さん姉妹で、小学校2年生と1年生のお姉ちゃんたち。姫がその1つ下だから、気も合うみたい。特に上のお姉ちゃんが面倒見よくていろいろとお話してくれるので、すぐに姫は仲良しに。1、2時間しか一緒にいなかったのに、ずっと前から知り合いだったかのような2人。また接点はあるはずだから、遊べるといいね。ぜひ引き合わせてあげたいと思うよ。

写真に写っているのはまた別の別荘。このお姉ちゃん家族の新しい別荘。これが素晴らしい。木の香りが心地よく床や壁材も落ち着いた色の木を使用。天井部分が高くて真ん中は吹き抜けになっていて屋根裏的にロフトを設けてある。それだけの大きな空間だから、冬は相当な暖房が必要だと思うが、それをまかなうのは100万円したという薪ストーブ。煙突が天井まで通っていて、見るからに部屋全体を暖かくしてくれそうな素敵なストーブ。

なるほど、これはすごいなと思う。初めての別荘体験にちょっと・・いや、相当感激。

045

その別荘の近くにある小川。「ここのくぼみのところに、よく魚がいるんだよ」お姉ちゃんが色々と教えてくれた。

蓼科の旅②めぐりあい

019

蓼科は5年ほど前にも旅行したことがあった。

そのときは春先だったからまだ枯れ木も多かった。
いまの時期はとても緑がキレイだ。

020

築30年の別荘。

蓼科の旅①利休庵

009

三連休の真ん中、秋の風薫る蓼科へ。

訳あって日帰りの旅。さすがのシルバーウィーク、空いている時間や経路を選んだつもりでも片道5時間近くの長旅に。それでも行って良かったと思える1日だった。お義父さん、お義母さんも一緒に一つの車に乗り込んで長く楽しい旅へ。

着いて昼は利休庵へ。

013

自家農園で採れた野菜というのがウリだそうで、かき揚げは絶品。高さのあるボリュームもそうだけれども、とにかく野菜が甘くて美味しい。ただ、全部食べるとさすがに腹にたまる。今度頼む時は2人で1つくらいで良いかもしれない。

014

そばの香りも芳しく。

さよならアナログ

007

妻が一人暮らししていた頃に使っていたテレビを寝室においている。
言わずもがなアナログである。

「要らない、液晶が欲しい」と妻が言うので処分することに。まぁほっておいてももうすぐ使えないけど。処理するのに役所に問い合わせたら「リサイクルのシールを郵便局で購入して○○に持ってけ」と指示されたのが、貨物ターミナル。「岡山県貨物運送」という指定だった。なぜ岡山県かわからないけど、そういう運送会社らしい。

車に乗せて持っていってたら、トラックだらけ。ジュンは興奮。
その指定の運送会社の倉庫に行ったらあるわあるわアナログテレビの山山山・・。
これからアナログ終了までさらに儲かるのだろうなぁ、とか思った。

写真に写っている荷物はほぼすべてテレビ。
さようならアナログテレビ。

さよならVAIO

006_2

今年の春先にPCを新調した。

だから、このブログも続けることができる。前のPCは5年前に購入したもので、デジカメで撮った写真を整理するのに重宝してたのだけど、ちょうどデータのバックアップが漏れてた時期にハードディスクが逝ってしまい・・。貴重な1年ぐらいの画像データを失ってしまった。。姫の5歳、ジュンの2歳の一部を欠いてしまった気がして申し訳なさが先に立つ。まぁ過去の思い出(写真)がなくたって人は明日を向いて生きていくンだから、いいんだ。とか自分に言い聞かせるのが大変だ。

初めてパソコンを買ったのはVAIOだった。いまもそのVAIO様は生きているが、部屋の片隅に追いやられている。2代目はネットワーク環境やら、引っ越した家の間取りの関係からノートを無線LANで使いたくて買い足した。その2代目様が逝ってしまったので、この春に3代目。いまはdynabook。

2代目様はハードディスクのデータを救いたかったので、それだけのために修理見積りに出した。・・ら、ハードディスク以外に電源だとかあれやこれやと4つくらい不具合があったそうで、全部直すには128,000円也しかもハードディスクのデータは復旧不可能、という見積り結果。それだけダメダメなら新しいPCを購入するのに何もためらいが無いよ。

さらばVAIO様。
ついこの前、SONYのサイトからリサイクルの手続きをして、このたび旅立ちました。

西船橋

016

先週末は西船橋方面へ。

すみれでラーメンを食べた後はドーナッツで一息。
このパターン、結構多い。腹いっぱい食べたあとなんだから少し時間ズラせばいいのにね。

セール開催時期でないせいか、いつもよりもモール全体に人が少ない。クリスピー・クリーム・ドーナツに至っては行列どころか席も閑散。今まで厨房でドーナツがガンガン機械で出来ているのを見ながら、行列の人に配っているオリジナル・グレーズドをいただく、というのが定番だったのに、機械は止まっていてドーナツを作ってない。自分たちが店に入った後、けっこう人が入ってきたけど、いつぞやのときとはだいぶ状況が違っているようだ。


035

この日は「弁理士の日」にちなんだイベントを開催してた。弁理士会?の方かな、スタッフの人に教えてもらいながら「糸でんわ」を作ったよ。子どもの扱いになれたイベントスタッフとは違うので、おじさま方が右往左往で頑張っているのが新鮮でした。


038_2

IKEAにも寄ってく。marimekkoの生地が良かったので、IKEAにも何か無いかと探しに。なかなかイイのがありました。


めげない

039

週末料理をしてると姫がもれなく付いてくる。

「お手伝いするー」とやってくるので、一緒に料理。ちょっとした切りものであれば任せられる。大根の味噌汁を作っていたのだけど、ざくざくと切るだけでなく今回は「皮も剥いてみようか」ということで、ちょっと難しいかもしれないがチャレンジ。「じゃあ教えるね」・・と言うよりも先に自分で勝手にやってしまった、結果、一発で左手の親指を切ってしまった。

ちょっと血が出てしまったけれど偉いよ。泣かずに我慢して、絆創膏を貼ったらまた大根を切りに戻ってる。簡単に「もう止める」とは言わないのが姫のいいところだ。怖いもの知らず、我慢強い、大事なことだと思う。

りんご

004_2

写真ではわかりにくいのだけど、ジュンがリンゴ病にかかった。

りんご病、正式には伝染性紅斑というらしい。日曜の朝は久々にみんなで寝坊。9時頃起きたら、「あれ?ジュンの足、赤くね?」  特に足以外は変わったところもなかったので、起きぬけでちょっとむくんでるだけじゃないかと思ったけど、妻が「心配だから」ということで、ジュンと2人で病院へ。

病院窓口で「どうしました?」と聞かれ「足に発疹が・・」というと、別の待合室に移されてプチ隔離。水疱瘡だといけないからね。結局、先生に診てもらったら「りんご病だね」ということで、薬ももらわず様子見て特に問題なければそのまま幼稚園にも行ってよし、とのこと。逆に病院の待合室ですぐ隣に水疱瘡のお子さんがいたのが気になる。うつってないかな・・。

帰り道、ついこのあいだ知った「日曜の朝だけ開催している朝市」がすぐ近くにあったので、寄ってみる。大好きな瓜の漬物もあったので、当然購入。茄子が大きくて安かった。季節外れだと思うけど、イチゴとリンゴがあった。見た目ちょっとイケてなかったのだけど、ジュンが「これ!これがいい!」とうるさい。病人だし、診察も今日は泣かずに頑張ったし、言うこと聞いて買ってあげた。

・・でも、案の定、味もイケてなかった。
やっぱ旬のもの買わないとね。

子どもと2人だけで病院に行くのは3回目くらいだろうか、初めて姫と2人で病院に行ったときは救急車にも乗った。病院で鼻血が止まらなくなって、少し焼いて止めてもらうために隣の区の病院まで行ったんだ。あれ、今思うとどうやって家に帰ってきたんだっけ、あのとき。救急車に乗ったのは覚えてるんだけど、帰りは・・。

すぐ忘れちゃうんだよなぁ・・。
あのときもブログ書いてれば忘れてなかっただろうにな。

すみれ

004_3

子どもがいなかった頃に比べればラーメンを食べに行く回数は劇的に減った。結婚前は目黒に住んでたし、何食べようかと迷えばラーメンだったし。・・ということで、行く機会が少ない分、美味しいラーメンが食べたいから、行くところもある程度決まってくる。

その一つ、すみれ。


007

確か北海道に行ったときにも食べたことあったかな。最近は色んなところにできてるみたいで、嬉しい限り。まず間違いないね、この味。姫も一杯ほとんどひとりで食べちゃった。

姉弟で一緒に

006_2

9月からジュンの幼稚園がスタート。
ジュンはもちろんだけど、姫がとても楽しそう。

あと半年だけだけど、きっととても貴重な時間だね。

marimekko

030

妻はそんなにテレビが好きではないけど、「トラベリックス」という旅番組は欠かさず見ている。で、ヘルシンキの回があって、そのときにmarimekkoにインスパイヤされ、さっそく銀座にある店舗に行ってみる。


032

で、さっそく買ってみる。ちょっと高いけど、また行きたいお店。
妻が買い物している間、ウチラはプランタンでアイス食べて一休み。

キュアマリン

003_2

姫が幼稚園の友だちにもらったらしい。
上手に出来てるね。

ウチもアイロンビーズよくやるけど、いつもお手本どおり。

かき氷

005

プーさんのかき氷機でつくったかき氷。
カルピスのグレープ味をかけたら出来上がり。
自分たちで作るっていう過程が何より子どもにとっては楽しいみたいね。

そいえば先週カルピスで働く友だちにあったっけ。あと、カルビーの友だちと。
どちらもいつもお世話になってます。catface

タッチ

アニメ版タッチの制作会社が破産したそうで。。時代だろうか。

長澤まさみはカワイイね。
祥太と慶太もよかったよ。

でも、それだけだった。残念な映画でした。
アンパンマンのほうが断然面白い。

タッチは青春ど真ん中、リアルタイムで大好きな漫画で、何度も何度も単行本を読んだのを思い出す。いろんな名場面があるし、ストーリー的に欠かせないところも多々あったろうけど、やはり2時間もない中でそれを表現するのは無理があったとしか思えない。短い時間であってもポイントを絞ればタッチファンが納得できるものになったかもしれないが、演出する側がタッチをどう解釈してたのかなと疑問に思うところもある。やるなら20世紀少年ばりに3部作かな、って気がするが、そんなニーズはないしね。

やっぱ漫画にはかなわないってことで。

くるくるおコマ

008_2

姫の作品。くるくるおコマ。

妻の実家から

005

たまに、3ヶ月に一度程度だろうか、妻の実家から宅配便が届くことがある。

何か「時間的に早く渡すべきもの」があるときに宅配が来るのだけど、その主目的よりも実は「せっかくだからこれもあるから送るね」のほうが面積的にはいっぱい入ってたりする。今回もそう。主目的は庭で取れた野菜を送る、ということなんだと思うけど、一緒に子供向けのお菓子とかおもちゃ(シールとか)とか、いろいろ。それと、120円が入ってた。以前妻が立て替えた何かのお金を返すってことらしいけど、どこまでも律儀だなぁと思う。だって、宅配便の代金で120円以上かかってるんだから。

そんな真面目な義父義母が愛おしいこの頃です。
ゴーヤもみょうがも美味しかったです。

そうじデー

010_3

ウチの掃除は週末に。

自分は拭き掃除、妻は掃除機、姫も手伝ってくれて床を拭くのが役割と決まっている。拭き掃除は要らなくなった香水を少しふりかけて香るように。姫はきれいにする・・というか、ところ構わず拭いてくれるので、それはそれで香っていい。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ