« さよならプール | トップページ | なわとび大会 »

夏・ブドウ・お詫び

058

イクスピアリの朝市でブドウを買ったその翌日に妻の実家からブドウが届いた。近くのブドウ園から送ってくれるのが毎年の恒例になっている。いつもありがとうございます、お義父さん、お義母さん。

ということで、家の中がブドウだらけになってしまったこともあり、近所へおすそ分け。で、初めて自分たちの部屋の下の階の方にもおすそ分けに伺った。というのも、先日ドタバタ天井が騒がしいということで、クレームを受けてしまったから。ただ、「ふざけんな」という話ではなく、「もしかしたらお宅から聞こえると思うんですが・・」というトーンだったので、助かってますが。

ということもあり、下の階のへ。下の人は後から引っ越してきたこともあり正直まったく知らない人だったので、緊張したけれども、人間やはり顔を付け合わせて会話するってことは大事だと実感。まったく嫌味な人ではないし、こちらもお詫びともども話をしたので、かえって恐縮していた様子。いろいろ話ができてヨカッタ。奥さんのおなかの中にはクリスマス頃に生まれてくるという赤ちゃんがいて、今大事な時期なのだと思うし、だんなさんも全然文句言うようなタイプではなかった。そういうことを知っていると、もし文句口調でクレーム受けたよりも、「あの人に迷惑をかけちゃだめだな」と思えるからこそ、気を付けるようにもなるし。

廊下には防音マットを敷いてみたし、子どもたちにはドタバタ走らせないように言って聞かせている。ジュンも小さいながらにお母さんがおなかの中に赤ちゃんいるってのは覚えているみたいで、「だめだよ」と言えばなんとなく分かってくれる。下の人と話をしているときも、姫はじーっとして大人の話を聞いてたしね。子どもにとっても何かを感じる機会になったのでは。

子どもと一緒に下におすそ分けに行った後、自分たちもみんなで美味しくブドウをいただきました。

« さよならプール | トップページ | なわとび大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5234/49219296

この記事へのトラックバック一覧です: 夏・ブドウ・お詫び:

« さよならプール | トップページ | なわとび大会 »

もう1つのブログ

無料ブログはココログ